TOP PROFILE MESSAGE SERVICE

POLESTAR

RESULTS BOOKS BLOG CONTACT
2017
09.09

一歩踏み出すことの難しさ

BLOG|NEWS

前々回「継続はチカラなり」だけれども、それを実践していくのは難しいということに触れた。

今日は最近私が考える「継続はチカラなり」の実践と同じくらい難しいなと思うことに触れたいと思う。

 

それは「一歩踏み出すことの難しさ」である。

人はなにか新しいことに取り組む際、当たり前であるがリスクを考える。

「失敗したらどうしよう」「今より悪くなったらどうしよう」という場合もあれば、

「現状のままで十分」「面倒だ」と考える人もいる。

 

それがたとえ「やれば必ず効果があがるもの」であったとしてもである。

仕事やスポーツ・学習のパフォーマンスが確実に上がるとわかっていても、

なかなか取り組めない人、最初の第一歩を踏み出せない人が多いのだ。

 

私は経営者やリーダー層、時には大学生のコーチをさせていただいているが、

結果を出す人、人生を楽しんでいる人は得てして「スピード感があり行動力がある」人である。

一歩踏み出すことを恐れない勇気を持っているとも言えるだろうか。

 

「走りながら作りこみをする」

この言葉を聞いてどう思われるだろうか?

普通の人であれば「いやいや。しっかり計画を立てて、メリットとデメリットを比較してから始めるべき」と考えるのではないだろうか?

 

海外の人たちと仕事をする中で、

私が特に感じていることは「日本人は模範解答を求めすぎ」ということである。

「完璧」を求めることは大事なことであるが、その「完璧さ」を求めるが故に、

「スピード感がなくなる」「判断力が鈍る」ということにつながるのである。

 

私の友人の言葉を借りるならば、

「歴史の教科書や問題集を旧石器時代から近現代に向けて順を追って学習する」ことに何の疑問も抱かないということである。

自分が好きなところ、得意なところからはじめて何ら構わないということである。

 

まず一歩を踏み出して、全力で真面目に取り組めば、助けてくれる人や手を差し伸べてくれる人はたくさんいる。道は拓ける。自分がそうなので間違いない。

 

熱い行動力と冷静な判断力を育む実践をしていきたい。

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧
2017
09.09

一歩踏み出すことの難しさ

BLOG|NEWS

前々回「継続はチカラなり」だけれども、それを実践していくのは難しいということに触れた。

今日は最近私が考える「継続はチカラなり」の実践と同じくらい難しいなと思うことに触れたいと思う。

 

それは「一歩踏み出すことの難しさ」である。

人はなにか新しいことに取り組む際、当たり前であるがリスクを考える。

「失敗したらどうしよう」「今より悪くなったらどうしよう」という場合もあれば、

「現状のままで十分」「面倒だ」と考える人もいる。

 

それがたとえ「やれば必ず効果があがるもの」であったとしてもである。

仕事やスポーツ・学習のパフォーマンスが確実に上がるとわかっていても、

なかなか取り組めない人、最初の第一歩を踏み出せない人が多いのだ。

 

私は経営者やリーダー層、時には大学生のコーチをさせていただいているが、

結果を出す人、人生を楽しんでいる人は得てして「スピード感があり行動力がある」人である。

一歩踏み出すことを恐れない勇気を持っているとも言えるだろうか。

 

「走りながら作りこみをする」

この言葉を聞いてどう思われるだろうか?

普通の人であれば「いやいや。しっかり計画を立てて、メリットとデメリットを比較してから始めるべき」と考えるのではないだろうか?

 

海外の人たちと仕事をする中で、

私が特に感じていることは「日本人は模範解答を求めすぎ」ということである。

「完璧」を求めることは大事なことであるが、その「完璧さ」を求めるが故に、

「スピード感がなくなる」「判断力が鈍る」ということにつながるのである。

 

私の友人の言葉を借りるならば、

「歴史の教科書や問題集を旧石器時代から近現代に向けて順を追って学習する」ことに何の疑問も抱かないということである。

自分が好きなところ、得意なところからはじめて何ら構わないということである。

 

まず一歩を踏み出して、全力で真面目に取り組めば、助けてくれる人や手を差し伸べてくれる人はたくさんいる。道は拓ける。自分がそうなので間違いない。

 

熱い行動力と冷静な判断力を育む実践をしていきたい。

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧