TOP PROFILE MESSAGE SERVICE

POLESTAR

RESULTS BOOKS BLOG CONTACT
2017
09.28

怒ると叱る

BLOG|NEWS

怒ると叱るの違いとはなんだろう?

よく指摘を受けたり、注意をされたり、フィードバックを受けると「また怒られた…」とつぶやく人が多いように感じる。

 

怒るとは、感情任せに相手の立場や感情を察することなく発言すること。叱るとは、その人の間違いや成長を促すために感情をコントロールしながら発言をすることと私は定義している。

 

大きな声を出して、相手に対して「怒っているんだぞ」とパフォーマンスとして自身の感情をコントロールしながら諭すことができれば、これは“叱る”に該当すると思う。

 

研修やセミナーなどで「怒ってはいけません、叱ってください」とお願いをするが、実践するのはなかなか難しいことである。ただし、難しいからといってあきらめるのではなく、努力し続けることが必要であり、なぜ叱るのか目的を考えなければならない。

 

相手にもっとよくなってもらいたいとか成長してもらいたいとか期待を込めているから、人は叱るのである。言われた方もきついが、言う方も「意図が伝わらなかったらどうしようとか関係が悪くなったらどうしようとか嫌われたらどうしよう」などいろいろと考えるものである。

 

私は幼少期より、親以外にもたくさんの方に叱られている。今も叱ってくださる方がいる。今でも叱られると「やってしまった…」と思う時が多いが、悔しかったり、恥ずかしかったり、ときには反論(言い訳?)したくなるときもあるのも事実である。

 

しかし、なぜわざわざ叱ってくれたのか?を考えると、どんな場面でも感謝の気持ちや申し訳ないという気持ちが必ず芽生えるのである。叱るとは相手を成長させることである。

 

叱られないように努力すべきであるが、叱られたときは、素直に前向きに、指摘されたことは二度と同じことをしないと感情や行動を変えていかなければならない。

 

人に何かを伝える仕事をしている以上、人からの指導も受け成長し続けなければならない。人生は修行である。

 

多くの人を幸せにするために、自分自身の成長も怠ることなく続けていきたい。

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧
2017
09.28

怒ると叱る

BLOG|NEWS

怒ると叱るの違いとはなんだろう?

よく指摘を受けたり、注意をされたり、フィードバックを受けると「また怒られた…」とつぶやく人が多いように感じる。

 

怒るとは、感情任せに相手の立場や感情を察することなく発言すること。叱るとは、その人の間違いや成長を促すために感情をコントロールしながら発言をすることと私は定義している。

 

大きな声を出して、相手に対して「怒っているんだぞ」とパフォーマンスとして自身の感情をコントロールしながら諭すことができれば、これは“叱る”に該当すると思う。

 

研修やセミナーなどで「怒ってはいけません、叱ってください」とお願いをするが、実践するのはなかなか難しいことである。ただし、難しいからといってあきらめるのではなく、努力し続けることが必要であり、なぜ叱るのか目的を考えなければならない。

 

相手にもっとよくなってもらいたいとか成長してもらいたいとか期待を込めているから、人は叱るのである。言われた方もきついが、言う方も「意図が伝わらなかったらどうしようとか関係が悪くなったらどうしようとか嫌われたらどうしよう」などいろいろと考えるものである。

 

私は幼少期より、親以外にもたくさんの方に叱られている。今も叱ってくださる方がいる。今でも叱られると「やってしまった…」と思う時が多いが、悔しかったり、恥ずかしかったり、ときには反論(言い訳?)したくなるときもあるのも事実である。

 

しかし、なぜわざわざ叱ってくれたのか?を考えると、どんな場面でも感謝の気持ちや申し訳ないという気持ちが必ず芽生えるのである。叱るとは相手を成長させることである。

 

叱られないように努力すべきであるが、叱られたときは、素直に前向きに、指摘されたことは二度と同じことをしないと感情や行動を変えていかなければならない。

 

人に何かを伝える仕事をしている以上、人からの指導も受け成長し続けなければならない。人生は修行である。

 

多くの人を幸せにするために、自分自身の成長も怠ることなく続けていきたい。

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧