TOP PROFILE MESSAGE SERVICE

POLESTAR

RESULTS BOOKS BLOG CONTACT
2017
11.24

上司から見たホウレンソウについて

BLOG|NEWS

最近、「報連相」に関する書籍やセミナーがとても多いような気がする。

「報連相」とは、報告・連絡・相談のことで、どのようにこの力を身につけてもらうか、また身につけていくかということである。

 

今日は上司から見た報連相について触れてみたい。

「うちの若いのは報連相すらできなくて困っている。どうしたらいいか?」と質問を受けることがよくある。

 

「報連相をするように!」と指示されて、それをしない社員はほとんどいないのではないかと思う。要するに、この上司の方は“自分に必要な情報”または“(ご自身または会社・部署が)必要な情報”を“迅速に”知り、判断できるようにしたいのである。

 

私は必ずこの質問を受けたときは、以下の3点をお伝えするようにしている。

 

①「上司と部下の目線合わせはできていますか?」

②「指示したことをきちんとメモを取るなどして把握されていますか?」

③「そもそも“報連相”の価値づけをし、そのルールを決めていますか?」

 

たいてい、報連相がうまくいっていないと嘆く方は、このいずれかの質問に対し「あっ…」となるはずである。

 

①については、上司と部下がチームとして同じ方向性(&課題認識)を持っていないとギャップが発生するのは当然のことである。

 

②に該当する場合が一番多いような気がする。指示したら「指示しっぱなし」これが一番悪である。私もこれには大きな失敗がある。スタッフに大丈夫だろうと安易に任せておいたら、納品の前日まで何も動いていなくて、徹夜になってしまった。それ以来、指示したことについては、期限を決めて(決めてもらって)その日付を忘れないように手帳に書き入れることを習慣としている。

 

③については、「報連相」に関するセミナーや研修を1日受けさせたからといって身につくものではないのである。欲しい情報や相談してほしいことは人によって異なるし、上司と部下との信頼の関係によるところが大きいからである。なぜ報連相が必要で、そんな情報を共有し、どんな場合に相談してほしいのかを必ず伝えておくべきである。

 

まとめると、上司も部下も上手にコミュニケーションが取れていると思える職場には、「報連相」がうんぬんという話は出てこないのである。

 

日頃からどのように関わりを持ち、コミュニケーションを深めるかということがポイントとなるのである。

 

「報連相が…」と感じる上司の方は、ぜひ日頃のかかわりはどうなっているだろうか?を考えることが、最初の一歩になるはずである。

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧
2017
11.24

上司から見たホウレンソウについて

BLOG|NEWS

最近、「報連相」に関する書籍やセミナーがとても多いような気がする。

「報連相」とは、報告・連絡・相談のことで、どのようにこの力を身につけてもらうか、また身につけていくかということである。

 

今日は上司から見た報連相について触れてみたい。

「うちの若いのは報連相すらできなくて困っている。どうしたらいいか?」と質問を受けることがよくある。

 

「報連相をするように!」と指示されて、それをしない社員はほとんどいないのではないかと思う。要するに、この上司の方は“自分に必要な情報”または“(ご自身または会社・部署が)必要な情報”を“迅速に”知り、判断できるようにしたいのである。

 

私は必ずこの質問を受けたときは、以下の3点をお伝えするようにしている。

 

①「上司と部下の目線合わせはできていますか?」

②「指示したことをきちんとメモを取るなどして把握されていますか?」

③「そもそも“報連相”の価値づけをし、そのルールを決めていますか?」

 

たいてい、報連相がうまくいっていないと嘆く方は、このいずれかの質問に対し「あっ…」となるはずである。

 

①については、上司と部下がチームとして同じ方向性(&課題認識)を持っていないとギャップが発生するのは当然のことである。

 

②に該当する場合が一番多いような気がする。指示したら「指示しっぱなし」これが一番悪である。私もこれには大きな失敗がある。スタッフに大丈夫だろうと安易に任せておいたら、納品の前日まで何も動いていなくて、徹夜になってしまった。それ以来、指示したことについては、期限を決めて(決めてもらって)その日付を忘れないように手帳に書き入れることを習慣としている。

 

③については、「報連相」に関するセミナーや研修を1日受けさせたからといって身につくものではないのである。欲しい情報や相談してほしいことは人によって異なるし、上司と部下との信頼の関係によるところが大きいからである。なぜ報連相が必要で、そんな情報を共有し、どんな場合に相談してほしいのかを必ず伝えておくべきである。

 

まとめると、上司も部下も上手にコミュニケーションが取れていると思える職場には、「報連相」がうんぬんという話は出てこないのである。

 

日頃からどのように関わりを持ち、コミュニケーションを深めるかということがポイントとなるのである。

 

「報連相が…」と感じる上司の方は、ぜひ日頃のかかわりはどうなっているだろうか?を考えることが、最初の一歩になるはずである。

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧