TOP PROFILE MESSAGE SERVICE

POLESTAR

RESULTS BOOKS BLOG CONTACT
2017
11.26

部下から見たホウレンソウについて

BLOG|NEWS

最近、「報連相」に関する書籍やセミナーがとても多いような気がする。

「報連相」とは、報告・連絡・相談のことで、どのようにこの力を身につけてもらうか、また身につけていくかということである。

 

前回は上司から見た報連相について触れてみた。今回は、部下からみた報連相について触れてみたいと思う。

 

「事実から伝える」「簡潔に伝える」「事実と私見を混同させるな」「報告の意図を明確に」「悪いことほど早く伝えよ」などと指導される場合が多いと思う。

 

確かに「型」を覚えることは重要なのだが、一番大切なことは「相手(上司)が何を求めているか」ということを考え、行動していくことである。

 

人それぞれ求めていることが異なるのである。

Aさんは「すべて報告してほしい」、Bさんは「任せてあるのだから、困ったときだけ相談してほしい」、Cさんは「いちいち相談してくるな」などいろいろなパターンが考えられる。

 

求められるニーズに対応していくことが大切である。

しかしながら、目指すところは「あなたのことを信頼しています。あなたに任せてあるのでよろしく。」と言って任せてくれることではないかと思う。

 

信頼関係を築くには時間がかかる。

しかし、丁寧にひとつずつ、確実に着実に仕事をしていくことで、その関係は築くことができる。

 

ひいては、それができてくると、お客様や取引先など周囲の人たちとの関係もよくなるものである。

 

周囲の方々が何を求めて、どうすればスムーズに仕事が進むのか。

相手のニーズに応える働き方をできる人になれれば、おのずと報連相のできる人になれるはずである。

 

そのような働き方、周囲と協働できるよう、(自戒を込めて)していきたいと考えている。

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧
2017
11.26

部下から見たホウレンソウについて

BLOG|NEWS

最近、「報連相」に関する書籍やセミナーがとても多いような気がする。

「報連相」とは、報告・連絡・相談のことで、どのようにこの力を身につけてもらうか、また身につけていくかということである。

 

前回は上司から見た報連相について触れてみた。今回は、部下からみた報連相について触れてみたいと思う。

 

「事実から伝える」「簡潔に伝える」「事実と私見を混同させるな」「報告の意図を明確に」「悪いことほど早く伝えよ」などと指導される場合が多いと思う。

 

確かに「型」を覚えることは重要なのだが、一番大切なことは「相手(上司)が何を求めているか」ということを考え、行動していくことである。

 

人それぞれ求めていることが異なるのである。

Aさんは「すべて報告してほしい」、Bさんは「任せてあるのだから、困ったときだけ相談してほしい」、Cさんは「いちいち相談してくるな」などいろいろなパターンが考えられる。

 

求められるニーズに対応していくことが大切である。

しかしながら、目指すところは「あなたのことを信頼しています。あなたに任せてあるのでよろしく。」と言って任せてくれることではないかと思う。

 

信頼関係を築くには時間がかかる。

しかし、丁寧にひとつずつ、確実に着実に仕事をしていくことで、その関係は築くことができる。

 

ひいては、それができてくると、お客様や取引先など周囲の人たちとの関係もよくなるものである。

 

周囲の方々が何を求めて、どうすればスムーズに仕事が進むのか。

相手のニーズに応える働き方をできる人になれれば、おのずと報連相のできる人になれるはずである。

 

そのような働き方、周囲と協働できるよう、(自戒を込めて)していきたいと考えている。

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧