TOP PROFILE MESSAGE SERVICE

POLESTAR

RESULTS BOOKS BLOG CONTACT
2018
11.13

外国でランドセルが人気

BLOG|NEWS|中国

img_feature20
 

★外国でランドセル?

 

10月8日の東京新聞の朝刊に「進化するランドセル」という記事が掲載されました。この記事には「ランドセルは少し前まで教育物資が不足している外国に送られるものでした。転機は2014年。ハリウッド女優が自宅前でランドセルを背負っている姿がSNSで拡散されたことである。人気はアジアに広がり、デパートや空港で訪日土産として売り出し、中国人客が子や孫のために購入した。ブームから4年、ランドセルは定番土産の一つになっている。」ということが書かれていました。

 

★ランドセルの中国販売

 

ララちゃんランドセルの製造する「ららや」の駐在員として、2013年から2016年の3年間中国に駐在をしていました。2014年頃は、中国での日本アニメ人気と相まって、少しずつランドセルの販売数が伸びてきたころでした。「外国でランドセル?」という日本ではイメージがつきにくいことから、日中のメディアから多数取材を受けました。新千歳空港の国際線ターミナルでララちゃんランドセルの販売をスタートさせたのもこの頃です。

 

★話題の誠品書店でも

 

現在中国では、日系百貨店を中心にネットやローカル百貨店など多くの場所で購入することが可能です。日本橋に進出することが決まった、蔦屋書店を参考に作られたといわれている台湾系の誠品書店でも中国国内ではランドセル(中国製)を販売しています。上海などの沿海部の都市では、ランドセルを背負って登校する小学生が多数います。両肩に均等に重心がかかり、両手が自由に使える「安心と安全を追求した通学カバン」として、中国の保護者に受けています。

 

★ランドセルが外国で根付くことを祈って

 

冒頭の記事では「観光客と共に海を越えたランドセル。今頃それぞれの国で独自の進化を遂げているかもしれない」と締めくくられています。実際にランドセルを旅行に持っていく子どももいて、シンガポールにて中国で販売したランドセルを背負う姿を友人が見かけたこともあります。訪日土産として広がったランドセルがそれぞれの国で、生活に溶け込んでいる姿を見ると「日本の文化を丸ごとアジア圏に輸出したい」と苦労していた3年間が報われるような気がします。子どもたちの夢や希望を乗せて、それぞれの文化に根付いた形で根付いていって欲しいと思っています。

 

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧
2018
11.13

外国でランドセルが人気

BLOG|NEWS|中国

img_feature20
 

★外国でランドセル?

 

10月8日の東京新聞の朝刊に「進化するランドセル」という記事が掲載されました。この記事には「ランドセルは少し前まで教育物資が不足している外国に送られるものでした。転機は2014年。ハリウッド女優が自宅前でランドセルを背負っている姿がSNSで拡散されたことである。人気はアジアに広がり、デパートや空港で訪日土産として売り出し、中国人客が子や孫のために購入した。ブームから4年、ランドセルは定番土産の一つになっている。」ということが書かれていました。

 

★ランドセルの中国販売

 

ララちゃんランドセルの製造する「ららや」の駐在員として、2013年から2016年の3年間中国に駐在をしていました。2014年頃は、中国での日本アニメ人気と相まって、少しずつランドセルの販売数が伸びてきたころでした。「外国でランドセル?」という日本ではイメージがつきにくいことから、日中のメディアから多数取材を受けました。新千歳空港の国際線ターミナルでララちゃんランドセルの販売をスタートさせたのもこの頃です。

 

★話題の誠品書店でも

 

現在中国では、日系百貨店を中心にネットやローカル百貨店など多くの場所で購入することが可能です。日本橋に進出することが決まった、蔦屋書店を参考に作られたといわれている台湾系の誠品書店でも中国国内ではランドセル(中国製)を販売しています。上海などの沿海部の都市では、ランドセルを背負って登校する小学生が多数います。両肩に均等に重心がかかり、両手が自由に使える「安心と安全を追求した通学カバン」として、中国の保護者に受けています。

 

★ランドセルが外国で根付くことを祈って

 

冒頭の記事では「観光客と共に海を越えたランドセル。今頃それぞれの国で独自の進化を遂げているかもしれない」と締めくくられています。実際にランドセルを旅行に持っていく子どももいて、シンガポールにて中国で販売したランドセルを背負う姿を友人が見かけたこともあります。訪日土産として広がったランドセルがそれぞれの国で、生活に溶け込んでいる姿を見ると「日本の文化を丸ごとアジア圏に輸出したい」と苦労していた3年間が報われるような気がします。子どもたちの夢や希望を乗せて、それぞれの文化に根付いた形で根付いていって欲しいと思っています。

 

  • Twitter
  • Facebook
  • 記事一覧